カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 今日のヨガご飯:謝朋殿 粥餐庁 | main | 萬世橋の地下構内見学 >>
今日のヨガご飯:山登 「胡麻鴨せいろ」
先週末も雷嵐のような土砂降りかと思えば、翌日は晴れ晴天だったりと、なんかめまぐるしいお天気でしたね。
明けて今週は穏やかなスタートだったので、気分良くヨガへ行って来ました。
冬場は寒さで体が固くなっているようで、ハロゲンヒーターの側でやっているのですが、いつもよりストレッチに力をいれてちょっと痛いくらいでやっているので、終わった後いつも筋肉痛です。でもこのくらいやらないと、いつまで経っても体が柔らかくならない気がするので、お風呂上がりにも痛いのを我慢して少しストレッチ。
なんかせっかく面白くなってきたので、もう少し股関節を柔らかくしてひねりのあるポーズも決めてみたい物です。

胡麻鴨せいろ
何となく寒くなると温かい物が食べたくなるもので、日頃は「掛け蕎麦」なんてまず食べることがないのですが、深夜に観ている「蟲師」の中でギンコが峠の茶屋みたいなところで「掛け蕎麦」をすすっているシーンがあって、「食べた〜い」と思ってしまったので今日のお昼は暖かい蕎麦。
教室の近くにある「山登」という蕎麦屋さんは手打ちで、季節によってランチメニューを変えてくれるので時々よっています。たぶん探せば美味しい蕎麦やさんがもっと色々あると思うのですが、できれば大荷物がおけてゆっくりできるところがいいので。
この時期は「胡麻鴨せいろ」なるものがランチにあったのでそれにしてみました。

鴨南のつゆが胡麻だれ味で、中に牛蒡の笹掻きとシメジが入っています。なかなかこくがあって温まる味。蕎麦の太さをお太めと細めで選べるので、田舎蕎麦のような太めで頼みました。私は濃いめのタレの時は太めの方が好き。ラーメンでも太めの縮れ麺の方が好き。
蕎麦にゴマだれっていうのはたぶん蕎麦の香りを殺してしまうから邪道なんだと思うけれど、それでも時々食べたくなります。いい蕎麦はちょっとの胡麻の香りには負けないしね。
すっかり体も温まりお腹もいっぱいになったので、また少し歩いて帰りました。
|La gourmandise | comments(0) | trackbacks(0)









http://copine-mqdn.jugem.jp/trackback/65