カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 麻のコサージュ | main | 国賓菜館 (コクヒンサイカン)閉店 >>
今日のブランチ:銀座『nonnino』の生パスタ
 久しぶりに出て来たアテネの友人達と、銀座で食事をしてきました。
ここのところ何度か食べに行っている『nonnino』という生パスタのイタリアン。
松坂屋の脇道を築地方面へ歩いてゆき、ちょうどシネパトスが見える通りを入った所の二階にあります。
いつもは¥980の乾麺のランチセットか¥1,200の生パスタランチなのですが、今日はちょっと奮発して¥2,000の前菜とデザート付きにしました。

まずは前菜。
奥に小さなテリーヌ、イタリアの卵焼き(キッシュみたいなもの)、ハムにカモ茄子のポモドーロソースとチーズを載せて焼いたもの。
下にサラダもひいてあり、ボリュームがありお腹が一杯になります。
フォカッチャもなかなか美味しいですね。

おしゃべりしながらのんびりと食べていると、いいタイミングで生パスタが。
3種類の中から選べるのですが、今日は3種類とって、取り皿で分けて食べました。
が、が〜ん。
食い気に負けて、写真を撮り忘れました。

えっと、「タリアテッレの子牛のラグー」「ホロホロ鳥のクリームソース、レモン風味」「フェットチーネの夏野菜と蛸のポモドーロ風味」の3種類でした。
どれも美味しかったのですが、「ホロホロ鳥〜」はクリームソースのレモン風味が効いていて、上にゼスターで削ったレモンの皮が沢山かかっていて、夏らしいさわやかな一皿でした。
どれも生パスタの塩加減と茹で加減、そしてソースに混ぜるゆで汁の具合でトロミと絡み具合が良くて美味しかった。
観た感じは、そんなにボリュームがないのに、生パスタだと後からお腹いっぱいになるのが不思議。
デザートはティラミスと紅茶風味のパンナコッタの盛り合わせとコーヒー。
ここのコーヒーは割と濃いめなので、いつもはミルクを使うのですが、今回はデザートと一緒だったのでそれほどに感じなかったな。

パンナコッタの表面にサクランボの絵が赤いソースとミントの葉で描かれていて、味も紅茶の風味が柔らかくて美味しかった。
パンナコッタって好きなんだけど、一昔前の流行みたいにあまり出してくれる所がないので嬉しいです。
(ティラミスもそうか。。。)

その後も話は尽きる事は無く、2時間くらいかけてゆっくりと食事をしたのでした。

ここは平日でもマダム率が高いので男性はちょっと行きづらいかもしれませんが、美味しいのでおすすめです。
割とふらっと行っても入れるお店なので、美味しい生パスタが食べたい時には是非どうぞ。


|La gourmandise | comments(0) | trackbacks(0)









トラックバック機能は終了しました。