カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 手帳の改装 | main | パッケージデザイン:Linda PU モイスチャージェル >>
池之端:コーダリーでランチ
コーダリー前菜
上野は池之端にあるコーダリーというレストランで、お友達の数ヶ月遅れのお誕生会のランチをいただいてきました。
東天紅の裏にひっそりとある半地下のお店。
店内はさほど広くなく、その半分はカウンター式のキッチンとワインカーブに当てられています。
以前すぐ近くにあったソフィテルのソムリエと副料理長の方が開いたお店と聞いて、なるほどと納得がいきました。
これだけりっぱなワインセラーがあると、お酒が弱いわたしも、せっかくの食事に合わせてなにかいただこうという気持ちになり、今日は珍しくワインをいただきました。
(その後も色々あり、貴腐ワインの有料試飲とかしたのでした)
前菜の前にカボチャの冷製スープ。シブレットとローストしたタマネギが浮いています。
濃厚でカボチャの甘さがありとても美味しかった。
コーダリー前菜
前菜には豚の頭のテリーヌ。ミミガーとか色々な部位が入ったコラーゲンたっぷりのテリーヌで、うえにふってある岩塩のつぶつぶが口に入れた時にアクセントになって美味しかった。
沖縄料理ではミミガーとかよく食べますが、フレンチでは珍しい食材かもと思い、食後にお話を伺ったら、リヨンのあたりではこういう食材も使うそうです。
茄子のタップナードみないな酸味の聞いたペースとをつけて食べると、また美味しいです。
コーダリーメイン
メインは子羊のロティー。骨付きラムを骨から外して、あらためてラムの脂で巻いてローストしてあるので、肉がパサついてなくて、ラムの野性味も少し残っていてラム好きには溜りません。
赤ワインはこれに合わせてちょっと野性味のある南仏のワイン。
付け合わせの焼き野菜も美味しいです。
最近、焼き野菜のメニューをだしてくれるお店が増えていますが、野菜の甘みがまして美味しいですね。
コーダリーデザート
デザートはヌガーと中にコーヒーエキスの入ったパンナコッタにキャラメルソースとローストした胡桃を振りかけたもの。
どちらもとても美味しくて、食べ終わるのがもったいなかったです。

食後のコーヒーの時にもお菓子が付いて来て、本格的なフレンチのコースでした。
 
|La gourmandise | comments(0) | trackbacks(0)









トラックバック機能は終了しました。