カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 今日のお誕生会ブランチ:南青山 FRICK | main | 神楽坂『Artdish』 >>
HOT FUZZ(ホットファズ)
ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]
ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]



『Hotfuzz(ホットファズ)』
昨日の悪天候&交通事情の大混乱の中、吉祥寺バウスシアターの爆音上映最終日に行ってきました。



ロンドンで検挙率トップだったニコラス・エンジェル警部は、あまりに優秀で仕事熱心ゆえ、婚約者とも破綻し、同僚や上司に疎まれド田舎へ左遷される。
およそ事件とは縁遠い牧歌的な「美しい田舎町(とかいうタイトルだった)」No.1に選ばれるような街:サンドフォード。
ボーダフォンも県外になるそのド田舎に植木鉢ひとつ抱えて列車を乗り継ぎ深夜にやっと到着すれば、住むはずの家にはまだ入れず、村に一軒のホテルへ。
する事もないので、町中の散策に出かければ既に住人は自分の事を知っているような。。。
イギリスの社交といえば、パブ。
村一軒のパブへゆけば、深夜なのにたむろする高校生達やら、飲酒運転をする男やら、、、まだ就任式も済んでいないのに、正義感に突き動かされ、かたっぱしから検挙して警察へ連行。
当然ここでも疎まれる事に。
そしてやる気の無いポリスアクション映画マニアの太っちょの所長の息子、ダニー・バターマン巡査と組まされ、行方不明になった白鳥の探索などをまかされる日々。

そんなある日、スピード違反で逮捕したアマチュアの役者の男女が交通事故で死亡。
事件性を疑い捜査を訴えるエンジェルだったが、署内の誰も事故だといって相手にしない。
そして連続して起こる猟奇殺人事件も総べて単なる事故として片付けようとする警察署。
何かおかしい?!

そこから始まる怒濤のポリスアクション。
これはハリウッドで量産されるドッカ〜ン!バン!バン!とあり得ないアクション映画に対するイギリス版アクションコメディーで、その笑いの質はモンティー・パイソンの国だけあってちょっとグロくてブラックで自虐的。
エンジェル、どんだけ運動神経抜群なんだと?!
そして後半に進むにつれ、最初からあまりにクリシェが多かった事に気付き、もう一回最初から観直したい〜と、自分の記憶力の曖昧さを嘆きつつもストーリーは爆進し、どんでん返しの連続。
じいちゃんばあちゃんがある意味大活躍で、それもまたいい
エンドロールをみて、あの素敵なボンド俳優の名前をみつけて、「ああ、ずっとどこかでみた顔だと思っていたダリ顔だったけど、あなただったんですね」とちょっと嬉しくなった。
英語がわかれば、その細かいニュアンスがもっとダイレクトに伝わってきて面白かっただろうな〜と英語嫌悪の自分はちょっと後悔。

ちょうどDVDが発売されたばかりなので、今回の上映を見逃した人は、DVDでぜひどうぞ!
できれば重低音で観て下さい!
カメオ出演が沢山あるらしいので、そのあたりもチェックし直したいです。

そして興味をもった方は、同じエドガー・ライト監督の『Spaced』
http://www.spaced-out.org.uk/
こちらもDVD化され発売されているので、こちらもどうぞ!

最後に、こんな面白い映画を、ネーム・バリューが無いからと興行成績を理由に公開に躊躇する配給元に、ネットでの署名運動、著名人への作品アピールをしコメントをとりつけるなど、まさに手弁当で運動してきたわたなべりんたろうさんに感謝。
面白い映画をどうもありがとうございました!
|Cinema | comments(0) | trackbacks(0)









http://copine-mqdn.jugem.jp/trackback/250