カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 歌舞伎/ドーナッツ/買い物好きは親譲り | main | Guimauve/風邪/今シーズンのドラマとか >>
Fairycake Fair and milk tea.
先月末にOpenしたばかりの東京駅「銀の鈴」一帯を半年ほどかけて改装したGRANSTA(グランスタ)内にオープンしたいがらしろみさんのカップケーキ専門のお店 Fairycake Fair(フェアリーケーキ・フェア)へ行ってきました。(ショップの公式サイトはこちら
ちょうど「銀の鈴」の見える待合いソファーの一角にあり、近くにはピエール・マルコリーニのカフェやDEAN&DELUCAのショップもある、八重洲口地下から行くとすぐのところです。ちょうどヨガの帰りにいつも大丸経由でのる改札を入ってすぐの所なので、私の京橋〜有楽町〜東京買い物ライフはますます充実しそうです。

平日の割りにはちょっと混んでいましたが、駅中で乗車券もしくは入場券がないと行けない場所なので、例のドーナッツ屋さんのような大行列って事はなかったです。
ただ店舗が小さいところに最近流行のガラス張りのオープンキッチンを作り、中での作業が見えるような作りになっているところへ、イート・インもくっつけてあるので、テーブルは小さなテーブルに座席はソファー席(こちらは基本的にお一人様用で、向かい合わせの椅子はなし)5〜6席に二人がけのセットが5〜6くらいでしょうか。
落ち着いて長居ができる雰囲気ではありませんでした。
一個がと〜っても小さい(直径はゴルフボールより少し大きいくらいで、ミスドなどで売っているカップケーキの2/3くらいかな)ので手でつまんで3〜4口でいただけてしまう感じなので、ゆっくりお茶するというのではなく、あくまでも乗り換え(あるいは旅)の途中でちょっとよって一息入れるっていう感じです。
これはここにあるほとんどの店舗がそういうコンセプトかもしれませんが。

味の方は好みによって当たりはずれがあると思いますが、美味しい物はもの凄く美味しいです。
私の場合、写真の持ち帰り用に購入した「タタン」(写真奥)と「はちみつレモン」(写真手前)はどちらも大当たりでした。
「タタン」の方は、ケーキ自体は甘さ・バター風味どちらも控えめの生地で、上にセルクルで綺麗にのせてある林檎(たぶん紅玉?)のキャラメリゼした風味と甘酸っぱさを引き立たせてあり、ファーストフラッシュのようなマスカットフレーバーと渋みがちょっとある紅茶と合わせたら、あるいは濃いめのミルク・ティーと合わせたら最高の食後のデザートという感じです。食後に食べるのなら、このくらいのサイズでちょうどいいし、この甘酸っぱさも美味しく最後まで堪能できるというものです。
もうひとつの「はちみつレモン」は、先ほどとは違うレモン風味はほのかにする生地の底にレモン・ピールを敷いてあり、上にはレモンの酸味を効かせたアイシング(最近流行のグレイズド・シュガーっていうんですか?)と飾りのカラーアラザンが載っていて、こちらは食べる前にレンジで30secほど温めてからいただくと、ケーキがほわほわに柔らかくなり、レモンの風味がふんわりと漂ってきて、口の中にいれると消えてしまうような食感になり、そこにレモン・ピールの苦みと口当たりが効いています。
なによりも表面にかかっているアイシングは溶けていないので、その甘酸っぱさが生地の風味を引き立ててこれまた素晴らしい。
こちらは3時のおやつにいただく普段着のお菓子って感じで、わたしはこちらも好きです。

ただ店舗で食べた「ストロベリー・クリーム」とかいうこのお店のシンボルマークにもなっているクリームが載ったものに関しては、いかんせん甘すぎてダメでした。
カップケーキ自体は、かなり甘さとバターの濃厚さをきかせたフィナンシェのような生地で、これ自体は贅沢で風味も良くて好きだったのですが、上にトッピングしてあるクリームが、チーズケーキ味の(バタークリームのような堅さ)脳天を突き破るような甘さで、その下に苺のコンフィチュールがちょこっと入っていて種の粒々が分かるほどに煮詰めた濃厚なものでした。
計算された甘さと堅さなのでしょうが、個人的にはどうもバランスが…というか、私はどうもあのフランスの街角のパン屋で売っているガトーの頭痛がするような甘さが苦手なので、これも一口クリームを食べた時点で脳がショートしてしまいました。(サダハル・アオキのエクレアも同様の理由で苦手なのです)
でもこれは好みの問題だし、ロミ・ユニ・コンフィチュールの美味しさを堪能するのなら、とりあえずフルーツが乗った物なら外れはないのではないか?と思います。
強いて気になった点といえば、単価が高いと言うことで、「タタン」は1個¥450、クリームの乗った物はだいたい¥350〜400くらいだったと思います。
「はちみつレモン」の¥280は妥当だと思いますが、原材料の原価とそれを作る手間を考えると仕方のない価格設定なのだとは思いますが、あと¥100安ければ…ポロリとは思いました。(サイズが小さいだけに、店頭で値段をみると、やっぱり高いな〜と思います)
それと、持ち帰りがどうも箱入れしか無いようなのですが、一番小さいもので6個箱からで、前のほうで2〜3個買おうとしていた人はどうも箱は6個入りだからと、6個購入を勧められていたような気がします。
6個買うと、だいたい¥1,600くらいにはなってしまうので、できれば袋で1個からお持ち帰りというのも出来るようにしていただいた方がありがたいです。
いや、もちろんロミ・ユニ・コンフィチュールのパッケージに対するこだわりも知っているし、それは素晴らしいと思うのですが、カップケーキの方はもう少し融通が利くといいのになぁと思いました。

とはいえウィンクと〜っても美味しいし、通り道なのでまた買ってしまうと思うけれど。
GRANSTAは個人的には他にも美味しそうなハード系のパン屋さんとか、美味しそうなお弁当とか、美味しそうでヘルシーなランチが出来そうな所とか色々とあるので楽しみな場所がひとつ増えて嬉しいですね。
工事中は暗くて寒々しかったもんな〜
|La patisserie | comments(3) | -
>mikiちゃん
やっぱり甘かったかぁ〜
クリーム系が全部あの甘さだったら、私はちょっとダメかも。
コンフィチュール系と、トッピング無しのフルーツケーキ
みたいなのはいいかもね。
あとはコストパフォーマンスかな…

>Kigalisoupeさん
四谷の仕事帰りにでも、ぜひ東京駅経由で寄り道してみてくだい!
タタン、美味しいですよ!
コーヒー党のKigaliさんにはちょっと酸味が効いてるかも
しれませんが…
| Copine-m | 2007/11/02 1:06 PM |
ストロベリークリーム...私は持ち帰って食べてみた....
ホントに甘い 私もちょっとニガテでした
タタンは美味しいよね
塩キャラメルとイチジクのショートケーキも買ったんだけど(両方クリームだぁ)これも期待が高すぎてしまったみたいでした
ちと高いよね
| miki | 2007/11/01 6:55 PM |
東京駅。新幹線に乗るときぐらいしかいかないなぁ。でもこの記事読んだらわざわざ行きたくなっちゃった。
タタン、おいしそうです
| Kigalisoupe | 2007/11/01 6:31 PM |