カラメル手芸部 ぶこつアイコン MOTUSNOBS on Twitter
<< 5月17日(木)Strasbourg2日目:キリスト昇天祭でお休み | main | 5月19日(土)Dijon1日目:土曜日は超混み >>
5月18日(金)Strasbourg3日目:BDを買い二つ星でランチ
晴れのノートルダムストラスも今日で最後。明日はDijonへ移動なので、やり残しの無いようにと朝から出掛ける。
夕べ偶然赤ミシュランで見つけた二つ星のレストランが、毎日通っている通り道にあったので、ランチが食べられそうかチェック。
その後fnacの営業時間をチェックし、10:30からだったので、ノートル・ダムまで行ってついでに郵便局で切手を買って絵はがきを投函。
今日は珍しく朝から天気が良く、青空の下で見上げるノートルダムの薔薇色の砂岩は、雨の時のしっとりとした色合いと違ってゴシック様式の冷たい感じが無く美しい。こんな色合いの教会は初めてみたので、しばし見とれてしまいました。
警官
こんなスポーティーな自転車にのった警官の方が、こういう石畳の路地のおおい街では、小回りが利いて良いのかもしれない。ちょっとかっこいいグッド
fnacそうこうしているうちにfnac営業時間になったので行く。ファッションビルの2階から上がそうで、CDやDVDを売る階、画集や本を売る階、そして一番上がBD(バンド・デシネ:フレンチ・コミックの事)や絵本を売っている階。
前もって欲しい物はモレスキンに書き出してあったので、それを見ながらその場で絵柄が可愛いものなどどんどん選んでゆく。
それでも見つからない物は、店員の人に手帳を見せて調べてもらうけれど見つからない物もあったので、それはパリで探すことに。
それでも気が付くと10冊くらい抱えていたので腕がだるくなる。
会計は2階ですびっくりと言われ、そのまま抱えてエスカレーターで降りて、10分くらい並んで待ってやっと買う。撃沈手持ちの現金だけでは足りなかったので、残りはカードで支払う困惑
ストラスBD
日本で注文して送ってもらうよりは安いけれど、ネットで買いような割引はないし、漫画といっても全ページカラーのものが多いので、一冊の値段が高いから結構な買い物でした。
レストラン1
重たい荷物をホテルに置いて、着替えて朝チェックしたレストランへランチを食べに行く。
L'Alsace a Tableという魚介類で有名なミシュラン二つ星のお店。
といっても昼間なら25ユーロくらいのプリフィックスのメニューがあり、予約なしでも13時頃に行ったら入れました。
レストラン2
生け簀の前を通り、奥の広い部屋へ案内される。内装はこんな感じで、海をイメージしたモチーフが飾ってあって暖かい感じ。
メニューせっかくなのでこの読みづらいメニューから前菜、メイン、デザートを選ぶことに。読みづらい上に、辞書を持っていなかったので、あれこれ迷いながらもとりああえず選ぶ。
ワインは飲めないので残念ながら水。
待っているうちに、隣の席に座ったイギリス人(夫)フランス人(妻)のご夫婦となんとなく会話が始まる楽しいおお、なんかフランスっぽいじゃない。
ご主人の方があまりフランス語が堪能では無かったので、私のフランス語と丁度いい具合で話が弾む。
前菜
そうしているうちに、お互いに前菜が運ばれてくる。
私は生ガキ。大きめのレモンを絞り、これに赤タマネギを刻んだマリネをちょっと乗せて食べると美味しい〜ニコニコ
もともと牡蠣も柿も苦手だったので、食べるようになっても味が分からないくらいタバスコとケチャップをかけて食べたりしていたんだけど、ここではこのシンプルな味付けだけでとても美味しい。みも大きめでふっくらとしていて、もちろん当たるなんて事も無かった。
お隣さんに「なぜワインを飲まないの?絶対に白のキスリングが合うのに」と言われるが飲めないからしょうがないのですポロリ
メイン
メインは白身魚に野菜とハーブをのせた包み焼き。これがまた美味しい。適度な塩味が野菜のうまみも魚のうまみとふっくらとした柔らかさを引き出し、タイムの香りがとてもいい一品ニコニコ
食事しながらもお隣のご夫婦も色々と話しかけてくれるので、まるで一緒のテーブルで食事をしているみたいでとても楽しい。
マカロン
デザートはマカロンにしました。ラズベリーのソースがかかった大きめのマカロン、これも美味しかった。
美味しい食事と楽しい会話。感じのいい人達が偶然隣の席の席に着いてくれたおかげで素敵な時間が過ごせました。
そしてこのレストランも本当に美味しかった。サービスもテキパキとしていて、二つ星ってこういう感じなんですね。
ストラスブールでアルザス料理以外の美味しい魚貝料理を味わいたい人は、こちらのお店をお薦めします。
スケッチ
食事が終わってから、ホテルへもどって着替えて午後はまた散歩とスケッチ。運河沿いの川岸の散歩道を歩く。ちょっとパリみたいです。
リセ
運河沿いにず〜っと歩いていったらプティット・パリと反対側のはずれの方まで行ってしまった。そこにはこんな素敵な風情の建物があった。どうやらリセらしいんだけど、今でも使われているのかなぁ?
くじら壁
そこからノートル・ダムを通って夕食の帰りに通った壁に絵が描いてある通りへ行く。一本裏の通りにはこんなかわいい鯨の絵が描いてあった。
エンジェル
こちらの宗教がみたいな壁の家を夕べ見たのでした。この家はオートクチュールの家として使われているみたいです。
カフェ1
入りたかったけどお腹がいっぱいで入れなかった、とっても可愛いカフェ。いつもお客さんがいっぱいで、地元の学生達に人気のお店みたいでした。
おんなじ道を何度も通って、名残を惜しむように夕方まで過ごしました。

夕食
前菜は野菜だけのサラダ。(写真取り忘れ)
メイン
メインは私は仔牛にソテーしたフォアグラを載せたグリル焼き。
他の人は、昨日アルフレッドが「明日はシュークルートが食べたい」とお願いしたのを他の人も聞いて、「私達もそれがいい」という事になったのでシュークルート。
私は前日の昼に食べていたので予定どおりのメニューを頂いたのでした。
やっぱり量が多すぎて、みんな殆ど残していた。もったいない。
デザート
デザートは「ガト−・ノルベージュ」。アイスケーキですね。フランスではこういうのはそう言うんだよとアルフレッドに教えてもらう。お勉強になります。
帰りは二人でデモの話とか、サルコジの話とかサッカーの話とかしながら帰る。日本にいて勉強しているだけでは分からない事だから面白い。

明日はいよいよDijonへお引っ越し。スーツケースを詰めなくっちゃ。BDを沢山買ってしまったので、スーツケースが重くなってしまう。
ジョギング本日の歩行数16,231歩冷や汗
お昼を豪勢に食べてしまったのでそのぶん沢山あるいたのね。ゆっくりお風呂に入って、明日早起きしなくては…
|2007ヴェニス〜フランス旅行 | comments(0) | -